人と車の安全をめざして                           

                          
本文へジャンプ

   概要2

概要1←
<主な協会活動> 概要2

1.路面標示用塗料関係

 昭和50年11月:路面標示材用の黄色顔料について、公害関連への技術見解を発表。
 昭和51年 6月:路面標示の黄色色相の実態調査を開始。
 昭和52年 7月:路面標示材用の『黄色色相(色あい)の適正候補」の調査。
 昭和53年 2月:警視庁、(社)全国標識・標示業協会と「道路標示黄色」選定の為の計画
           及び、試験の実施、結果の取り纏め。
        6月:警視庁通達「道路標示ペイント黄色の統一」の実施促進。
          :以降定期的に色相のチェックを実施。
 昭和53年 2月:警視庁への「道路標示黄色塗料の顔料」についての安全性に関する回答
           書を提出。
 平成 6年 5月:路面標示用塗料の鉛リスクリダクションに関する意見書を(社)日本塗料
           工業会に提出。
          :無鉛黄色塗料用の着色顔料に関する検討を開始。
 平成 8年 1月:溶融型塗料の黄色に関する測色方法の検討。
 平成11年 4月:無鉛黄色塗料の試作と特性チェックの実施を開始。
 平成12年11月:環境対策型路面標示用塗料(無鉛化:黄色塗料)の採用化促進の提案。
 平成14年 8月:環境省にグリーン特定調達品目「低VOC水性型路面標示用塗料」を申
           請。
 平成15年 2月:環境省のグリーン特定調達品目「低VOC水性型路面標示用塗料」として
           登録される。
 平成28年1月:会報No.150で、「塗料中鉛廃絶に関する路面標示材協会宣言」を発表


2.日本工業規格(JIS)関係

 昭和53年 7月:工業技術院からJIS K 5665ほか、トラフィックペイントについての総合規
           格化を委託され、改正作業を開始。
 昭和55年 7月:JIS K 5665(トラフィックペイント)総合改定原案を作成。
 昭和56年 2月:JIS K 5665(トラフィックペイント)が全面改正された(1種、2種、3種の
           平成 2年 5月:工業技術院及び、(社)日本塗料工業会の要請を受け、
           JISK 5665の見直し改正新設定)。
 昭和62年 3月:JIS K 5665改正、(名称を「路面標示用塗料」に変更された)。
 昭和63年12月:(社)日本塗料工業会へJIS K 5665の試験項目に関する調査依頼に対し
            回答書を提出。
 平成 2年 5月:工業技術院及び、(社)日本塗料工業会の要請を受け、JIS K 5665の見直
           し改正作業を開始。
 平成 3年 6月:JIS K 5665改正に関する解説文と用語修正作業の実施。
 平成 4年11月:JIS K 5665-1992(路面標示用塗料)が公示された。
 平成 6年10月:ISO関連「塗膜の耐摩耗性試験方法の検討」に参画。
 平成 9年 9月:”JIS ゼロ見直し”に関する調査回答書を通産省に提出。
 平成12年11月:JIS K 5665のISO対応に伴い(社)日本塗料工業会の要請で新標準試験
           条件下での圧縮強度等の測定作業を開始。
 平成13年 5月:JIS K 5665改正(ISO対応)に伴い圧縮強度等の測定データを(社)日本
           塗料工業会の規格WG部会に提出し、その改正作業に参画。
 平成14年 3月:JIS K 5665-2002改正が公示された。
 平成16年 4月:JIS K 5665の改定と水性塗料のJISについて(社)日本塗料工業会より、
           原案作成の要請があり原案委員会に参画。
 平成20年3月:JIS K 5665-2008改訂が公示された。
 平成28年3月:JIS K565:2016で一部改訂
 平成30年8月:鉛・クロムフリーの路面標示用塗料JIS K5665:2018が公示された。

前ページへ
路面標示材協会